奥さまは発達障害

さかもと未明 監修:星野仁彦

1,134円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    私は「困った人なの?」……40代になって発達障害を宣告された著者と、宣告した名医が、発達障害の真実を説くコミックエッセイ ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      ガッツリ発達障害とツライ幼少期の合わせ技だと、さすがに生きるのがしんどかったと思うし、それが伝わる内容でした。
      この本は苦しんでる当人にはもちろん読んでもらいたいですが、その周りの方たちに読んでもらっ...

      続きを読む
    • 2017/06/12Posted by ブクログ

       割れ鍋に綴じ蓋。
       どうしようもないときに、これしかない組み合わせで支え合えるのは軌跡みたいなものだなぁと思う。

       そして、ここまでではないとは思うし、程度の差はあれど、人は誰しも生きづらさを感じ...

      続きを読む
    • 2016/12/11Posted by ブクログ

      庶民離れした生活。ホテルで暮らし、月何十万も使って、思い通りにならないと子どもみたいに駄々をこねて周りに迷惑かけたあげくすぐに死にたいとかいう未明さんに対して、「ムカつく」というところまでは…きっと普...

      続きを読む

    セーフモード