ローマ亡き後の地中海世界(上)

塩野七生

1,309円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    476年、西ローマ帝国が滅び、地中海は群雄割拠の時代に入る。「右手に剣、左手にコーラン」と、拉致、略奪を繰り返すサラセン人の海賊たち。その蛮行にキリスト教国は震え上がる。拉致された人々を救出するための修道会や騎士団も生まれ、熾烈な攻防が展開される。『ローマ人の物語』の続編というべき歴史巨編の傑作。※当電子版は単行本上巻(新潮文庫第1巻、第2巻)と同じ内容です。地図・年表なども含みます。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード