村上海賊の娘(三)(新潮文庫)

和田竜

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    織田方の軍勢は木津砦に襲い掛かった。雑賀党一千の銃口が轟然と火を吹き、その猛攻を食い止める。本願寺門徒の反転攻勢を打ち砕いたのは、京より急襲した信長だった。封鎖された難波海へ、ついに姿を現す毛利家と村上家の大船団。村上海賊には、毛利も知らぬ恐るべき秘策があった。自らの家を保つため、非情に徹し、死力を尽くして戦う男たち。景(きょう)の咆哮が天に響く――。波瀾の第三巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード