「野球」の真髄 なぜこのゲームに魅せられるのか

小林信也

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    野球はかつてスポーツ・娯楽の中心だった。男の子がプレーに熱中し、試合中継に胸躍らせた時代があった。しかし今、野球は昔のような熱も輝きも持っていない。社会は野球を歓迎しない方向にすら傾き始めている。その原因を探るため、著者は野球の歴史、ゲームの本質・魅力を見直し、日本の野球がどのように変質してしまったのかを分析する。さらに野球を通して現代の日本人が失ってしまった大切なものを指摘すると同時に、野球が昔のように復権する道筋を考える。長年、野球に携わってきた著者の集大成!【目次】はじめに/第一章 野球の本質/第二章 古き佳き野球の時代/第三章 野球の「信用」の失墜/第四章 野球の喜びと深み/第五章 野球再生に必要なもの/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/11/18Posted by ブクログ

      自分も野球至上主義だが、著者はその上をいっている。いきすぎて、こっちが恥ずかしくなる、納得いかない文章が多々ある。当たり前のことや内容の薄いことに言葉という毛皮を貼り付けて、「ごもっとも」文章を作り上...

      続きを読む

    セーフモード