【最新刊】汽車旅放浪記

汽車旅放浪記

1冊

関川夏央 著

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    近代文学はなぜ多くの鉄道を登場させたのか。夏目漱石『坊っちゃん』から、松本清張『点と線』まで、舞台となった路線に乗り、名シーンを追体験する。ローカル列車に揺られながら、かつて作家たちが鉄道を作品に取り込んだ理由に思いを馳せる。鉄道と文学との魅惑の関係をさぐる、時間旅行エッセイ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/07
    連載誌/レーベル
    中公文庫

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード