月に笑う 下【イラスト入り】

木原音瀬/梨とりこ

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    失ったものを取り戻すんじゃなく、お前が心底欲しかった――。組を移った信二と、大学に進学した路彦。それぞれの新たな生活が東京で始まったが、二人の関係は穏やかに続いていた。組に疑似家族を求める信二は、組長の息子・惣一につくことになって以来、洗練された惣一に傾倒していく。しかし、組の仕事に路彦が偶然にも関わりつつあると知り…!?

    続きを読む
    • 月に笑う 全 2 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      月に笑う 全 2 冊

      2,090円(税込)
      20pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(22件)
    • 2011/10/18

      東京の一流大学に進学した路彦と、舎弟と共に東京の本橋組の構成員となった信二。 二人の関係は続いている。 冬休みに信二のマンションに入り浸りになる路彦が可愛らしいが、徐々に大人の雄になりつつあった。

      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/06/20

      木原作品の容赦のなさは、物語の主軸として描かれる登場人物に対しての周囲の人たちが、それなりの対応をする、と言う部分にもあると思う。
      読み手はどうしても主人公周辺の人物に肩入れする。自分の身に置き換えて...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/01/13

      木原作品のセオリーとは少し外れているかもしれない。
      木原先生の描くカップルたちは大体がお互いを嫌いあっているところから始まる。
      それが度を越していて、憎悪しているようなケースもある。
      しかし月に笑うに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード