蟷螂の檻 1巻

彩景でりこ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

昭和の華・當間一族… 地方名家・當間家の跡取りとして厳しく育てられてきた育郎は、座敷牢に匿われる妾腹の兄・蘭蔵に父の関心のすべてを奪われていた。辛くとも気丈にふるまう育郎だったが、そのそばには、常に一人の男がいた。典彦。育郎が幼い頃から仕える年上の使用人である。典彦は、孤独な育郎を蛇のように愛でた。深い口づけを教え、性処理とうそぶきながら股を開かせ、その長い指で尻を抉った。そうして育郎に快楽の種を植え付け体をいやらしく変えていった。そして数年後、事態は一変する。當間家当主が死に、育郎が次代を継ぐ時が来て―― 孤独な御曹司に植え付けられた快楽の行く先は…。

続きを読む
  • 蟷螂の檻 全 4 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    蟷螂の檻 全 4 冊

    2,695円(税込)
    26pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント(6件)
  • 2016/12/12

    時は昭和、戦後の混乱が落ち着いてきた頃の名家である當間家を舞台にした、陰鬱とした話。妾腹の息子、幼子のように病んでいる蘭蔵に入れ揚げる当主。無視され続ける正妻と、一人息子の育郎。何食わぬ顔で支える使用...

    続きを読む
    さんのレビュー
  • 2017/10/29

    次期当主として厳しく育てられた育朗だけど、父の関心は異母兄である蘭蔵ばかりで産みの母親は精神を病んでしまいその後死んでしまう、そんな中で自分を唯一見てくれた使用人典彦に依存してしまうのは仕方ないのでは...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2020/11/25
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード