【最新刊】縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望

縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望
1冊

著:山崎亮

1,000円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    人口増加と経済成長を前提としたモデルが機能しなくなった日本。人口や税収が縮小しながらも、地域の営みや住民の生活が充実したものになる仕組みを編み出さなければならない時期を我々は迎えている。さまざまな対策が議論されているが、そうした「縮小」を「縮充」へと導く唯一の解が「参加」である、と山崎氏は言う。すでに周りを見渡せば、まちづくり、政治・行政、マーケティングから芸術、福祉、教育まで、あらゆる分野で胎動する「参加」の潮流を目撃できるだろう。本書では、各分野における「参加」の潮流を丹念に辿り、かつ、そうした各分野を牽引するリーダーと山崎氏が対話を行うことで、「なぜいま参加なのか」「これから日本はどう変わっていくのか」がみごとに体系立てられ、解き明かされていく。参加なくして未来なし! コミュニティデザインの第一人者が、人口減少社会・日本に灯した新しい希望の光。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/02
    連載誌/レーベル
    PHP新書
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.7
    4
    5
    3
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/01/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/11/04Posted by ブクログ

      様々な領域で「参加」の流れが来ている。
      それぞれの領域で違う言葉で、同じことを示していた。
      人口が減りつつも厚みのある日本へ。
      山崎亮さんが書かれたこの本は、最近の自分の中では一番読んで良かったと思え...

      続きを読む
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      【由来】
      ・図書館の新書アラート

      【期待したもの】
      ・お師匠さまの「縮減する社会」と酷似したタイトル。「ふるさとを元気にする仕事」の著者だったということもあり、どんなことを主張しているのか読んでみた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード