【最新刊】人類は絶滅を逃れられるのか

人類は絶滅を逃れられるのか

1冊

スティーブン・ピンカー/マルコム・グラッドウェル/マット・リドレー/アラン・ド・ボトン/藤原朝子

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    スティーブン・ピンカー、マルコム・グラッドウェル、マット・リドレー……世界最高峰の知性が語る「人類の明日」の姿とは? AI、人口爆発、IoT、気候変動、テロ、核戦争――21世紀、世界を待っている未来は繁栄か滅亡か。「知」の大論戦が明らかにする人類の歴史の真実!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/11/28

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    4
    3
    1
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/31Posted by ブクログ

      短時間でサラッと読めるディベート。
      マルコムグラットウェルのジョークが冴え渡りなかなか楽しい。
      しかし結果は予想に反していた。
      現場の臨場感はまた違うのだろう。
      ともあれ、進歩によって一人の人間が及ぼ...

      続きを読む
    • 2018/06/10Posted by ブクログ

      錚々たるメンバーでのディベートな割に中身は貧弱な印象。まず、日本語のタイトルがあまりに原書と違う。(原題: Do humankind’s best days lie ahead?)
      進歩主義の欧米人に...

      続きを読む
    • 2018/03/22Posted by ブクログ

      ムンクディベート。テーマが壮大過ぎてやや消化不良といった感じ。ただ、リドレーとグラッドウェルの対決は個人的に○

    開く

    セーフモード