【最新刊】文庫版 虚言少年

文庫版 虚言少年

1冊

京極夏彦

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    オヤジ臭く、自他ともに認める嘘吐きの内本健吾。モテたいのに女子ウケしないことばがりをし続け、味のある面白さを持つお坊ちゃまの矢島誉(ほまれ)。人心を掌握する術と場を読む能力に長け、偏った知識を持つ京野達彦。「馬鹿なことはオモシロい」という信条を持つ小学生男子三人組が繰り広げる、甘酸っぱい初恋も美しい思い出も世間を揺るがす大事件もないが、馬鹿さと笑いに満ちた日々を描く7編。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/02
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/04/22Posted by ブクログ

      まさか小学生でここまでの極めぷりとは。
      小学生のサバイバルかけひきと昭和感と脱力が絶妙に面白い。
      頭の中では、都会のトムソーヤか耽美なわしら系腹黒美少年?に変換されますので。

    • 2018/07/29Posted by ブクログ

      虚言少年。京極夏彦先生の著書。馬鹿馬鹿してくだらないけれど本当に楽しい作品。京極夏彦先生へのイメージが良い意味で変わる作品でした。虚言少年、京極夏彦先生のファンだけでなく、京極夏彦先生の作品をこれまで...

      続きを読む
    • 2017/10/29Posted by ブクログ

      小学生とは思えない語り口を、「大人語に翻訳」されていると最初に明記・説明することで、これは眉を寄せて真剣に読むべきものではないのだな、と肩の力を抜かせてくれる導入は見事。そこから軽快な言葉遊びで綴られ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード