【最新刊】検索刑事(デカ)

検索刑事(デカ)

著:竹内謙礼

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    前代未聞の検索エンジンミステリー小説!IT会社社長が殺された事件を捜査中、警察に一通の脅迫文が届く。 「『羽毛布団』のキーワードで1位を取らなければ、天誅を下す」・・・・・・。新人女性刑事の京丸は、SEO業界を捜査するために、SEO会社やホームページ制作会社に聞き取り捜査に向かう。しかし、そこには今まで知らなかった検索エンジンの“裏”が浮かび上がり、ネット業界の闇の部分が広がっていた。果たして、検索結果で上位表示される方法は解明されるのか? そして、IT会社社長を殺した犯人を逮捕することができるのか?ネットビジネスを行う企業はどこも、顧客からのアクセスを増やそうと苦心しています。HPのキーワードいかんでアクセスは大きく違ってくるため、自社サイトの表示順位をあげようと、さまざまな工夫を凝らします。この対応策のことをSEO(search engine optimization、検索エンジン最適化)対策といい、SEO対策に特化したコンサルビジネスも広がりつつあります。 しかし、検索エンジンの仕組みを理解している人はあまりいません。本書では、検索エンジンが、どのようなルールと基準のもとに、どうやって検索結果の順位を決めているのか、がわかります。本書はストーリーをたどることで、検索エンジン対策を行う心構え、SEO対策を手伝う業者との付き合い方も学べます。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/11/25
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      SEOの基本の基本がわかる本でした。
      小説風(ベタでかつ超単純なストーリー)にしてあることで、初心者にはとっつきやすい内容だったのねはないでしょうか。

      SEOときくと、なんだかわからない、難しそう、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/07Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

       かなり軽いタッチのSEO解説本?字がかなり大きく、また、行間もすかすかだったので1時間程度で読み終わってしまった。もう少し密度上げても良いかと、妙に思ってしまった。
       ネット事情には全くついていけて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード