【最新刊】鳥居の向こうは、知らない世界でした。3 ~後宮の妖精と真夏の恋の夢~

鳥居の向こうは、知らない世界でした。

3冊

著:友麻碧

606円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    異界「千国」に迷い込んだ千歳。薬師・零の弟子として働いていたが、ある日、王宮から「第三王子・透李に嫁ぐ西国の王女を世話せよ」と命ぜられる。透李に恋する千歳は、素直に応援できない自分を責め、叶わぬ恋だと諦めて薬の勉強に励む。再び王宮から呼ばれた千歳は、流行している危険な“惚れ薬”を調べるように言われ、原料を突き止めるが……。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/02/07
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.2
    10
    5
    4
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/25Posted by ブクログ

      前作で家族の話が終わってしまい、今作から優君が出てこないことが、少し寂しいです。
      千歳がどんどん成長していく姿が、読んでいてとても気持ちがいいです。

    • 2019/03/29Posted by ブクログ

      ここでキリがいいので終わりかな。ジゼル王女の置いていった一冊の本がいいアクセントになって、ここで終わるのが一番いいんじゃないかと思う。

    • 2019/02/21Posted by ブクログ

      表紙は異母弟くん?にしては子供っぽくないか?異母弟くんも異界渡りをしちゃいましたね。使い捨てカメラのあたりでは、日本に戻ったら現像するんだろうなとは思ってたけど、そこに赤子のヒロインちゃんを抱く彼女の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード