99%の会社はいらない

著:堀江貴文

772円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    もう「忙しい」を口癖にするのはやめよう。「自分の時間」を生きるためには、会社に属さなければいい。体調が悪くても会社に出ている、メールで済むことをわざわざ電話する、毎週の会議がただただ常態化している、社内の派閥争いで足の引っ張り合いをする……。日本の会社にはいくつものムダがあると感じませんか?その上、毎日残業、有給もなく、会社に言われるがまま仕事をして「忙しい」と感じる毎日。そんな「苦しい忙しさ」を「楽しい忙しさ」に変えるためのヒントは、会社に縛られないこと。「自分の時間」を生きることで幸せになる、ホリエモン的生き方・働き方とは?【目次】第1章 日本の会社はおかしいと思わないか?第2章 仕事のない時代がやってくる第3章 だから「遊び」を仕事にすればいい第4章 会社ではない新しい組織のカタチ第5章 会社に属しているあなたへ

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    79
    5
    14
    4
    31
    3
    28
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/08/04Posted by ブクログ

      ホリエモンは革新的でみんながやろうとしないことを平気で言うし、やってしまう。
      その推進力や行動力に感心させられる。
      どんなにアイデアがあっても、結局それを行動に移すかどうか。
      その背中を押してくれる本...

      続きを読む
    • 2019/07/25Posted by ブクログ

      会社が機能していた時代は終わり、個人で働く時代がきた。やるべきことは楽しいことを愚直に続けること。楽しいことであれば、愚直に続けることができる。はあちゅう、イケダハヤトを例に出し頭がそんなに良くなくて...

      続きを読む
    開く

    セーフモード