【最新刊】米中戦争 そのとき日本は

米中戦争 そのとき日本は

渡部悦和

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中国軍は、あなどれない。日本は必ず巻き込まれる。はたして勝者は? 自衛隊元最高幹部が、「台湾」「南沙諸島」「尖閣」「南西諸島」の4つのシナリオを用いて米中戦争・日中紛争を正面から論じた初の本。日本はいま、この時代に何をなすべきなのか?

    続きを読む
    提供開始日
    2016/11/25
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 米中戦争 そのと...
      ネタバレ
      2017/03/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 米中戦争 そのと...2019/02/02Posted by ブクログ

      246頁にあるように、「左翼勢力のように平和、平和と唱えていれば平和が達成されるという考えは大きな間違いである」全くそのとおり。2年前の本だが、現在まで、中国の軍事的脅威は筆者の危惧通りに進んでいる。...

      続きを読む
    • 米中戦争 そのと...2017/11/02Posted by ブクログ

      集団的自衛権のときに「日本が戦争に巻き込まれる」と騒いでいたが、どうやっても巻き込まれるときは巻き込まれるのはわかりきったことで、何が起きて、どのように準備するのが良いのかがわかりやすく書かれていてよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード