ロードス島攻防記(新潮文庫)

塩野七生

561円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    イスラム世界に対してキリスト教世界の最前線に位置するロードス島。コンスタンティノープルを陥落させ、巨大な帝国を形成しつつ西進を目指すオスマン・トルコにとっては、この島は喉元のトゲのような存在だった。1522年、大帝スレイマン一世はついに自ら陣頭指揮を取ってロードス島攻略戦を開始した――。島を守る聖ヨハネ騎士団との五ヶ月にわたる壮烈な攻防を描く歴史絵巻第二弾。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード