【最新刊】文人悪妻(新潮文庫)

文人悪妻(新潮文庫)

嵐山光三郎

638円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夫に殉死した女優妻・松井須磨子、谷崎から譲渡された佐藤春夫の妻、精神錯乱の教師妻・杉田久女、夫に絶縁状を書いた華族出身妻・柳原白蓮、四回の人妻を経験した宇野千代。漱石、鴎外、鏡花、芥川の妻、そして与謝野晶子、林芙美子から幸田文、武田百合子まで、明治・大正・昭和の文壇を彩る53人。逞しく、したたかでパワフルな人妻たちの正体を描く、画期的な評伝集。『人妻魂』改題。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/09
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2012/05/27Posted by ブクログ

      嵐山大先生の「文人」シリーズ。国語便覧をお傍に置きながらどうぞ。

      明治・大正・昭和の人妻歳時記。文豪を影に日向に支えた妻や、自身が文豪として創作活動を続けた妻が総勢53名も!

      全員が全員、必ずしも...

      続きを読む
    • 2012/08/22Posted by ブクログ

      明治~昭和あたりの奥さん列伝。世の「人妻」とはバリエーションに富んでいる…ような、いないような。嵐山さんの文章好きだわー

    • 2012/07/28Posted by ブクログ

      初めての文人シリーズですが、案外楽しめました。

      世の中には「良き妻であること」のみ向いてない女性がいることがよく判ります。
      きっとそのような女性ほど、人並み外れて魅力的なのでしょうね。
      規格外のバイ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード