かーそる 2021年7月号

著:倉下忠憲 著:Tak. 著:いっき 著:Go Fujita 著:Hibiki Kurosawa 著:choiyaki

814円(税込) クーポン利用で407円獲得へ
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 407(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

…………………………知的生産の技術で盛り上がる雑誌「かーそる」の第四号です。目次 ■for study・勉強ノート試論(Go Fujita)・勉強ならざる勉強ノートをなぜ書くのか(倉下忠憲)・授業ノートの取り方(いっき)・アウトライナーフリーク的ノートテイキング(Tak.)■system・着想メモは、一度手ばなす(choiyaki)・音と茸と孤独な絵画(Hibiki Kurosawa)・メモとノートとタスクの統合ツール(Tak.)・職場のメモと家庭のノート(いっき)・読書ノートでパーソナル・データベースをつくる(Go Fujita)■デジタルノートのディストピア(倉下忠憲)■medium・電子と紙 ~デバイスを開く、メディアを開く~(いっき)・コピー用紙よ永遠なれ(倉下忠憲)・書き心地わがまま(choiyaki)■format・私たちは、なぜメモやノートを使うのだろう ~ノートでできる7つのこと~(いっき)・ノートは「勝手に見返しちゃうもの」に(choiyaki)・あのメモは不可能なんだ(Hibiki Kurosawa)

続きを読む

セーフモード