皇后の肖像 ──昭憲皇太后の表象と女性の国民化

若桑みどり

3,575円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    洋装をして儒教道徳を体現した人。明治政府は近代国家建設のために、天皇のみならず皇后という表象のもつ力を最大限に利用した。和装の皇后から洋装の皇后へ、そして再び和装の皇后へと変貌する皇后像の役割とその意味を、世界史のなかで読み解く。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/11/19Posted by ブクログ

      日本近代化においての、皇后の表現から、日本の近代化、女性の「国民化」に対する論考。
      読み応えがあり、大変興味深く読んだ。…しかし、私とフェミニズムの観点はどうも、…合わないといういとをしみじみ実感。

    セーフモード