ノベライズ この世界の片隅に

こうの史代/蒔田陽平

506円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    すずは広島の江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19年、18歳で呉に嫁いだすずは、戦争が世の中の空気を変えていく中、ひとりの主婦として前を向いて生きていく。だが、戦争は進み、呉はたびたび空襲に見舞われる。そして昭和20年の夏がやってきた――。数々の漫画賞を受賞した原作コミック、待望の劇場アニメ化。戦時下の広島・呉を生きるすずの日常と軌跡を描く物語、ノベライズ版。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/06/03Posted by ブクログ

      戦時中の人たちは本当に現代の私達とは比べものにならないくらい、タフだったと思う。

      配給制の食料、竹槍の訓練、警報、防空壕、消火活動

      それらが“日常”である日々は、どれだけのストレスを抱えて、神経を...

      続きを読む
    • 2017/01/08Posted by ブクログ

      映画を見て、あまりに圧倒され、心を動かされたのです。あのホワッとした絵の中に、今まで見たどんなドキュメンタリーよりも空襲を目のあたりにし、あの頃の日本で暮らした人々そのままを描いていました。
      映画では...

      続きを読む
    • 2020/07/24Posted by ブクログ

      R2.7.24 読了。

       この作品は、テレビドラマで観て好きになり、アニメ映画でさらに好きになった。ノベライズはテレビや映画では見えなかった細かな心理描写もわかるのが良いですね。
       すずさんのおっと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード