深夜の青い色

完結

片岡義男

275円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    深夜の深い青の中で2人は笑う。それは大きな笑いであり、微笑であり、苦笑でもあり… ■この小説の中では、男は浅はかで残念な性質の持ち主として描かれている。なにしろ、女性2人の仲を知りながら、妻からその友人へ移行しようとし、見事に失敗するのだから。しかし女性たちも強いばかりではない。かつてそうしたように、深夜に2人で笑って言葉を交しながらも、その笑いの表情はより複雑になってきているはずだ。深夜の、深いブルーが2人を饒舌にさせるのだとしても。 【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A001695162","price":"275"}]

    セーフモード