文藝モンスター

二宮敦人

682円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    増田文学賞の打ち上げとして、年に一度地方の旅館に集まる人気作家たち。ところがそこで、作家の卵の惨殺遺体が見つかった。失踪者が続くなかで超ビビリなホラー作家・雨漏たちは真相に迫れるのか!?

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/05/30Posted by ブクログ

      今までまったくノーマークだった本書(結構こちら方面の新刊はチェックしているつもりだけど、タイトルを見たことも聞いたこともなかった)だが、先日読んだ『最後の秘境 東京藝大』からの流れで読んでみた。タイト...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/06/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/11/10Posted by ブクログ

      なかなか面白かった。かなりの猟奇的な殺人なんですが、登場人物を作家(変人)たちにすることで、どこかコミカルになってます。オチも面白かった。
      1つ難点は、内容ではありませんが、帯が大きすぎて背表紙のあら...

      続きを読む
    開く

    セーフモード