一九三四年冬―乱歩(新潮文庫)

久世光彦

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    昭和九年冬、スランプの末、突如行方をくらました超売れっ子作家・江戸川乱歩。時に四十歳。謎の空白の時を追いながら、乱歩の奇想天外な新しき怪奇を照らす。知的遊戯をまじえ、謎の日々を推理。乱歩以上に乱歩らしく濃密で怪しい作中作を織り込み、昭和初期の時代の匂いをリアルに描いた第7回山本周五郎賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード