コンスタンティノープルの陥落(新潮文庫)

塩野七生

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    東ローマ帝国の首都として一千年余も栄えたコンスタンティノープル。独自の文化を誇ったこの都も、しかし次第に衰え、15世紀後半には、オスマン・トルコ皇帝マホメッド二世の攻撃の前に、ついにその最期を迎えようとしていた――。地中海に君臨した首都をめぐる、キリスト教世界とイスラム世界との激しい覇権闘争を、豊富な資料を駆使して描く、甘美でスリリングな歴史絵巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード