砕け散るところを見せてあげる(新潮文庫)

竹宮ゆゆこ

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学受験を間近に控えた濱田清澄は、ある日、全校集会で一年生の女子生徒がいじめに遭っているのを目撃する。割って入る清澄。だが、彼を待っていたのは、助けたはずの後輩、蔵本玻璃からの「あああああああ!」という絶叫だった。その拒絶の意味は何か。“死んだ二人”とは、誰か。やがて玻璃の素顔とともに、清澄は事件の本質を知る……。小説の新たな煌めきを示す、記念碑的傑作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/09/04Posted by ブクログ

      「つまり、UFOが撃ち落とされたせいで死んだのは二人」

      「その一。ヒーローは、決して悪の敵を見逃してはならない」
      「その二。ヒーローは、決して自分のために戦ってはならない」
      「その三。ヒーローは、決...

      続きを読む
    • 2018/01/22Posted by ブクログ

      すごく好きです。
      最初読んでるうちは、本当に意味がわからなくて、なんのことを言っているんだろう??って思ってました。
      でも、読んでるうちにだんだん理解出来て、でもどんどん謎が深まっていって、最後でわか...

      続きを読む
    • 2020/04/05Posted by ブクログ

      終盤の叙述トリックにまんまと騙されたクチで、時系列がぴったりはまってああ、そういうことか!と気づいて自分の浅はかさを呪いました。
      作者さんは人気ラノベ作家としてとても有名な方ですので読みやすさには定評...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001693428","price":"649"}]

    セーフモード