蒲生氏郷 武田信玄 今川義元

幸田露伴

1,134円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    「今があながち太平の世でも無い。それでも女房には化粧をさせたり、親父殿も晩酌の一杯ぐらいは楽んでいられて、ソーレ敵軍が押寄せて来たぞ、酷い目にあわぬ中に早く逃げろ、なぞということは無いが、永禄、元亀、天正の頃は、とても今の者が想像出来るような生優しい世では無かった――」脱線、蘊蓄、戯言あり。知の巨人が興の向くまま、平易な語り口で史料を読みとく「戦国放談」。後の司馬遼太郎へと連なる傑作評伝。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード