幼女戦記 3 The Finest hour

著者:カルロ・ゼン 画:篠月しのぶ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金髪、碧眼の幼い少女という外見とは裏腹に、『死神』『悪魔』と忌避される、帝国軍の誇る魔導大隊指揮官、ターニャ・デグレチャフ魔導少佐。戦場の霧が漂い、摩擦に悩まされる帝国軍にあって自己保身の意思とは裏腹に陸、海、空でターニャの部隊は快進撃を続ける。時を同じくして帝国軍は諸列強の手を跳ね除け、ついに望んだ勝利の栄冠を戴く。勝利の美酒で栄光と誉れに酔いしれる帝国軍将兵らの中にあって、ターニャだけはしかし、恐怖に立ち止まる。これは決定的勝利か、はたまたピュロスの勝利か。――帝国は本当に全てを掴んだのか?と。

    続きを読む

    レビュー

    4.4
    5
    5
    2
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/11Posted by ブクログ

      『相手の頭を潰せば勝てるよね!』と言うのは簡単だけど、その戦術はファンタジーな世界だからこそ可能とする頭がイカれた戦法。平和に生きたいと望みつつも、軍令1つで敵地へ飛ばされるターニャは見てて最高でした...

      続きを読む
    • 2018/10/25Posted by ブクログ

       この巻では色々な戦術が登場した。ロケットで敵の司令部に突貫して撃滅する。坑道戦術で前線を爆破して、回転ドアで残りの敵を皆殺しにする。帝国の軍事戦略があっぱれなほど成功した。これによってライン戦線は終...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/10/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード