【最新刊】幼女戦記 12 Mundus vult decipi, ergo decipiatur

幼女戦記

著:カルロ・ゼン 画:篠月しのぶ

1,210円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦場で勝利し、戦場で勝利し続け、しかし帝国は破滅へ一直線。爛れ切った愛国心と、残酷な現実の抱擁を経てゼートゥーアは「世界の敵」たるべく舞台を作り上げていく。死に逃げることも出来ない参謀本部の責任者としてゼートゥーアが求めるのは『最良の敗北』なのだ。言葉よりも、理性よりも、ただ、衝撃を世界に。世界よ、刮目せよ、恐怖せよ、そして神話に安住せよ。我こそは、諸悪の根源なり。なお。付き合わされる幼女曰く、大変辛い。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/02/20
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸
    • 幼女戦記 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      幼女戦記 全 12 巻

      13,310円(税込)
      133pt獲得

    レビュー

    4.2
    66
    5
    30
    4
    25
    3
    8
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/01/23Posted by ブクログ

      異世界に幼女として転生した元社畜系エリートサラリーマンが、第一次大戦時の欧州と似た世界観の異世界で、帝国軍の兵士として立身出世をもくろむ物語の第2弾。

      第一次大戦をはじめとした戦争に関する作者の知識...

      続きを読む
    • 2017/03/06Posted by ブクログ

      異世界に幼女として転生した元社畜系エリートサラリーマンが、第一次大戦時の欧州と似た世界観の異世界で、帝国軍の兵士として立身出世をもくろむ物語の第2弾。

      第一次大戦をはじめとした戦争に関する作者の知識...

      続きを読む
    • 2017/01/22Posted by ブクログ

      異世界に幼女として転生した元社畜系エリートサラリーマンが、第一次大戦時の欧州と似た世界観の異世界で、帝国軍の兵士として立身出世をもくろむ物語。だと思います。

      はてさて、現代日本の企業戦士は軍人として...

      続きを読む
    開く

    セーフモード