【最新刊】秘書の条件、社長の特権

秘書の条件、社長の特権

中原一也/タクミユウ

940円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

超潔癖性でクールな美貌をもつ白尾蓮は、『鴉屋ダイニング』社長・鴉屋宗二の秘書をしている。女性にだらしなく、超不真面目な鴉屋だが、親から継いだ会社を大きくしたり、部下から慕われたりと優秀な面ももっていた。恩人である彼の父親からの頼みともあれば、そんな鴉屋からセクハラをされても、白尾は我慢して支えようと考えていた。しかし、専務である叔父の孝次朗が現れ、白尾の不注意で手帳が一時期盗まれるという事件が起こり……。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

提供開始日
2016/11/01
連載誌/レーベル
リンクスロマンス

レビュー

  • 2009/08/03Posted by ブクログ

    [グループ会社社長×秘書]

    作者曰く、【バカ殿様とクール秘書】

    だが鴉屋はそれほどバカには見えなかった。
    常に知的な雰囲気はあった気がします。

    かわいいやり取りに壮絶な内容、
    白尾の父親の件はか...

    続きを読む
  • 2020/04/20Posted by ブクログ

    仕事をしているときは有能でクールなイメージの蓮だけど、鴉屋と話しているときはかなり人間らしい。不器用な部分もあって、可愛く見えてくる。そんな蓮が鴉屋に振り回されているのは、見ていて楽しかった。本人は大...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2013/04/14Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
開く

セーフモード