ココロノイロ

栗城偲/斑目ヒロ

940円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

幼い頃から、絵を描くことで自らの感情を昇華させてきた高校生の楠天音は、義理の父である弘幸への許されない想いを一枚の絵に塗り込んでいた。だがある日、その絵に興味を持つ同級生・百々眸が現われる。有名芸術家一家に生まれた百々に、絵に隠していたはずの恋心を指摘されて戸惑う天音だったが、いままで誰にも理解されなかった自分の絵をわかってくれる彼のことが次第に気になりはじめ……。 【おことわり】電子書籍版には、紙版に収録されている口絵・挿絵は収録されていません。イラストは表紙のみの収録となります。ご了承ください。

続きを読む

レビュー

レビューコメント(3件)
  • 2011/02/26
    ネタバレ
    この内容にはネタバレが含まれています
    Posted by ブクログ
  • 2019/09/27

    感情をあまり表に出さない天音と思ったことを口に出す百々。「絵」という共通点がなかったら、出会わなかったかもしれない2人。タイプの違う2人だけど、絵を描くことが好きで、大切に思っていることは同じ。相手の...

    続きを読む
    Posted by ブクログ
  • 2011/03/06

    内容的には暗い感じ・・・。共感とか出来ない世界だったので、割と読み進みにくいお話でした。丁寧に書かれているんだろうけど、難しいかったです。

    Posted by ブクログ
他のレビューをもっと見る

セーフモード