【最新刊】超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界

超展開バレエマンガ 谷ゆき子の世界

著:谷ゆき子 著:花村えい子 著:里中満智子 著:高橋真琴 著:辻真先 著:井川浩 著:古藤黎子 著:芳賀直子 著:tsumire 著:谷垣宏尚 著:倉持佳代子 著:図書の家 著:東村アキコ

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。東村アキコ推薦! 幻のバレエマンガ家、21世紀にまさかの大復活君は「谷ゆき子」を知っているか――バレエなのになわとび? バレエなのに滝に打たれる? バレエなのにダイナマイト? 常に予想を裏切りまくる超展開。昭和40年代をメインに、学年誌の売上絶頂期を支えた大人気バレエマンガ家、谷ゆき子。「白鳥の星」「バレエ星」「さよなら星」など、100万人の読者が手に汗握り次号を待った衝撃のバレエマンガをいくつも連載していたにも関わらず、一度も単行本化されなかった幻の作家が、今ここに蘇る!「バレエ星」40ページ完全再現収録、カラー32ページ、貴重な貸本『虹』『すみれ』の表紙も可能な限り収録し、圧巻の収録図版点数!花村えい子、里中満智子、高橋真琴各氏インタビューをはじめ、家族の証言などテキスト2万字超で謎多きマンガ家・谷ゆき子の実像にも肉薄します。東村アキコ・推薦の言葉「子どもの頃にバレエを習いたかったけど、獅子舞を習わされた私にとって、憧れの先生です」

    続きを読む
    ページ数
    162ページ
    提供開始日
    2016/11/04

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      谷ゆき子は58年に貸本漫画家としてデビュー、週刊漫画誌のさきがけとして少女フレンドに、のちには学年誌に活躍の場を移し、80年代まで執筆をつづけた。代表作「バレエ星」は主人公が幾多の苦難を乗り越えながら...

      続きを読む

    セーフモード