【最新刊】獏屋鶴亀放浪ノ譚

獏屋鶴亀放浪ノ譚

完結

群青

680円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

不思議な力を宿す血を持つ青年・舞鶴が、その血を少年・亀之介の左腕のアザに垂らすとき、「剣」は現れる。その剣に斬れぬものはない――たとえ相手が、人の悪夢に潜り込み、心まで喰い尽くす「獏」であっても。兄妹、親子、想い人――。哀しみや切なさのあまり獏に取り憑かれた人々の心を、二人組の獏屋が解きほぐす、幻想ファンタジー!

続きを読む
ページ数
213ページ
提供開始日
2016/11/01
連載誌/レーベル
Webスピカ

レビュー

レビューコメント(7件)
  • 獏屋鶴亀放浪ノ譚2012/05/17Posted by ブクログ

    絵が好みだなぁと思ったので、『黒甜ばくや薬笥ノ帖』と一緒に図書館から借りてきてみました。
    発行日が同じだったのでどっちから読むべきなのか迷いましたが、収録作品の出典の時期を見るとこちらの方が古かったの...

    続きを読む
  • 獏屋鶴亀放浪ノ譚2010/01/26Posted by ブクログ

    夢を喰う獏を退治する…って言い切っちゃっていいのか、まぁそんな稼業の舞鶴と亀之介の話。なんだか絵が違うと思ったらデビュー作なんですね。
    綺麗で悲しい、だけど優しい話が多かった。
    最初はお子様だった亀が...

    続きを読む
  • 獏屋鶴亀放浪ノ譚2011/07/06Posted by ブクログ

    セットで母が購入してきた。こちらから先に読むことをお勧め。画に慣れないと読みにくいかも。手から刀はCLAMP「X」の嵐ちゃんを連想させた。妖怪もの作品の中で獏は割といいものとして描かれることが多かった...

    続きを読む
開く

セーフモード