でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―(新潮文庫)

福田ますみ

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「早く死ね、自分で死ね。」2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教諭は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側はさらに民事裁判を起こし、舞台は法廷へ。正義の鉄槌が下るはずだったが、待ち受けていたのは予想だにしない展開と、驚愕の事実であった。第六回新潮ドキュメント賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/09/12Posted by ブクログ

       sashaさんのレビューを読んで面白そうだったので読んでみました。
       本書の内容も簡潔にまとめられていますので、こちらでは省いて感想だけにします。

       ジャーナリズムとは名ばかりの大衆文芸誌『週刊文...

      続きを読む
    • 2018/03/08Posted by ブクログ

      「早く死ね、自分で死ね。」
      2003年、全国で初めて「教師によるいじめ」と認定される体罰事件が福岡で起きた。地元の新聞報道をきっかけに、担当教輸は『史上最悪の殺人教師』と呼ばれ、停職処分になる。児童側...

      続きを読む
    • 2016/04/22Posted by ブクログ

      平成15年「生徒に日常的に”いじめ”を行って精神的に追い詰め、『死に方教えたろか』とまで恫喝してその生徒をPTSDになるまで追い詰めた酷い教師」との記事がマスコミに踊りました。そしてその生徒の保護者が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001690417","price":"649"}]

    セーフモード