【完結済み】天上の弦 1巻

天上の弦

完結

10冊

山本おさむ 協力:陳昌鉉

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1話/母▼第2話/思い描く▼第3話/日本語▼第4話/飛行機▼第5話/鉛筆▼第6話/相川先生▼第7話/荒城の月●主な登場人物/陳 昌鉉(後の名バイオリン職人。幼少の頃はひ弱だったが、何でも器用に作り出す少年)、大善(昌鉉の母。息子を何よりも愛する人)●あらすじ/「東洋のストラディヴァリウス」と称されるバイオリンを、たった一人で作り上げた男・陳 昌鉉。1929年、彼は当時日本の支配下にあった朝鮮半島で産声をあげた。母・大善にとっては、十年待ち望んでやっと生まれた子供だったが、母乳が出ないため、昌鉉は栄養失調でやせ細っていった。思い悩んだ母は、山を越えて隣村へ“もらい乳”に行くが…(第1話)。●本巻の特徴/日本統治下の朝鮮半島で、母の愛に守られて伸びやかに育つ昌鉉少年。やがて、人生を左右することになる相川先生との出会いが…。●その他の登場人物/相川先生(昌鉉の家に下宿している日本人教師。昌鉉の担任)、成哲(何かと昌鉉につっかかる近所の悪ガキ)

続きを読む
ページ数
204ページ
提供開始日
2016/10/28
連載誌/レーベル
ビッグコミック
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 天上の弦 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    天上の弦 全 10 巻

    6,050円(税込)
    60pt獲得

レビュー

4
4
5
2
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/01/27Posted by ブクログ

    ドラマよりも、漫画のほうが先だったのか。

    「海峡を渡るバイオリン」のWikipediaには、この漫画のことは、
    一言も触れられていなかった。

  • 2011/12/05Posted by ブクログ

    漫画読んでこんなに泣いたの久しぶり。この作品は韓国でも翻訳されてるのかな?ぜひたくさんの人に読んで欲しい。

  • 2009/12/23Posted by ブクログ

    ことしの課題?だったのか、やっと読了。それもマンガ喫茶に時々出かけて一冊づつ読んでいった。第1巻を読んで記事にしたのが4月だから、我ながら気の長い、のんびりした読書だ。最初にこの本に興味を持ったのは、...

    続きを読む
開く

セーフモード