傘寿まり子 11巻

おざわゆき

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

80歳のベテラン作家・幸田まり子は、長年執筆してきた文芸誌「群星」から見放され、自ら編集長となりweb文芸誌「レトル」を立ち上げる。かつてのカリスマ作家・小桜蝶子の再生に貢献したまり子は、続いて、引退を宣言した大物作家・進藤薫に執筆を依頼するも難航。そんなとき、ベテラン作家の佐野が進藤のことを抹殺したいと言っているのを聞いてしまい…? 一方、まり子とちえぞうが図書館で知り合った老人・森崎。彼もまた、定年退職後の自分の身の置き場に悩み苦しんでいた…。老人たちの行き場のない想いがあふれ出す、第十一巻!

続きを読む
  • 傘寿まり子 全 11 巻

    未購入巻をまとめて購入

    傘寿まり子 全 11 巻

    7,260円(税込)
    72pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

0
0
5
0
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/11/17Posted by ブクログ

    レトルが執筆を依頼しようとしている進藤。その進藤を消そうとしている佐野の動機は、客観的にみて、逆恨みとしか言いようのないものだった…。最後はもつれにもつれたフードコートのトラブル。この空気、すこし苦し...

    続きを読む

セーフモード