【完結済み】この彼女はフィクションです。 1巻

この彼女はフィクションです。

完結

4冊

渡辺静

462円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    葉村裕里には、10年間続けている「秘密の趣味」がある。それは、オリジナルキャラクター『ミチル』を創作すること。現実の女の子に恋をした裕里は、その趣味を捨て去る決心をするが、その時、目の前に現れたのは……!? 展開予測不能の極限恋物語開幕!!

    続きを読む
    ページ数
    194ページ
    提供開始日
    2016/11/17
    連載誌/レーベル
    週刊少年マガジン
    出版社
    講談社
    ジャンル
    少年マンガ
    • この彼女はフィクションです。 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      この彼女はフィクションです。 全 4 巻

      1,848円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    3.2
    9
    5
    2
    4
    1
    3
    3
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/04/08Posted by ブクログ

      引き続き玉響祭での舞台のお話
      演劇部どこいった

      この現実離れした設定がなければユーリは究極最低男やな・・・ほんと男ならうらやましい展開

      ミチルのお顔を2ページまるまる使ってたのがインパクトありまし...

      続きを読む
    • 2015/04/03Posted by ブクログ

      ミチルの人格は№99までのノートから反映されるが後付けは無理のようす。
      フーコ先輩が自分の気持ちに気づくとき・・・

    • 2015/04/03Posted by ブクログ

      んー・・・これは結末見えちゃう

      ミチルってユーリとフーコ先輩二人の障壁にしかなっていないし、なんというか鬱陶しい(^^;)
      彼女がいないとこの話も成り立たないけど。

      ただ、幼少期の頃に考えたくだら...

      続きを読む
    開く

    セーフモード