【最新刊】覚悟の紅(べに)~御広敷用人 大奥記録(十二)~

御広敷用人 大奥記録

12冊

上田秀人

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    嫡男の長福丸が毒を飼われたことに激怒した八代将軍吉宗は、背後で糸を引いた天英院に対し苛烈な処断に臨む。御広敷用人の水城聡四郎は、吉宗の指示で大奥の刷新を始めるが、その仕打ちに天英院が暴挙に出る。はたして吉宗と竹姫の恋の行方は、そして、聡四郎に課せられた「最後の大仕事」とはいったい――。感動に震える、超人気シリーズ最終巻の第十二弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/08/25
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 御広敷用人 大奥記録 全 12 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      御広敷用人 大奥記録 全 12 巻

      7,920円(税込)
      79pt獲得

    レビュー

    3.4
    24
    5
    1
    4
    9
    3
    14
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/13Posted by ブクログ

      「呪詛の文」を読んで、竹姫と吉宗が、どうなるのだろうか?、、、続きを読んでみた。

      嫡男の長福丸は、命はあっても、言葉をしゃべることの出来ない状態になってしまった。
      それ以上に、回復の兆しが、見えない...

      続きを読む
    • 2018/12/23Posted by ブクログ

      御広敷用人 水城聡四郎が、主人公であるのだが、徳川吉宗公が、幕府の改革から、大奥の経費削減へと、どのようにして、天英院を払いのけて行けるのか?

      長福丸の毒殺未遂、そして、竹姫の五條天神社 参拝の警護...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/09/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード