【最新刊】史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち

飲茶

1,012円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    最高の真理を求める男たちの闘い第二ラウンド!古代インド哲学から釈迦、孔子、孟子、老子、荘子、そして日本の禅まで東洋の“知”がここに集結。真理(結論)は体験によってのみ得られる!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/28
    連載誌/レーベル
    河出文庫

    レビュー

    • 2017/09/01Posted by ブクログ

      「史上最強の哲学 入門東洋の哲人たち」飲茶


      あらゆる先入観を排除し、疑って疑って疑いつくして、厳密に確実に正しいと言えることを限界ギリギリまで追究するのが哲学。


      「私」とは「赤や痛みなどを見た...

      続きを読む
    • 2020/05/27Posted by ブクログ

       インドから始まった東洋哲学はなぜ日本に向けて「東へ東へ」と伝わってきたのでしょうか。筆者はこれを「敗北を知るためである」と考えています。釈迦や老子というピラミッドの頂点を超える、さらなるピラミッドに...

      続きを読む
    • 2017/07/01Posted by ブクログ

      わかりやすい、ここから哲学名著を読もうかと思ったが、やはり内容が難解らしい(ので挑戦しない)。概要と自分の哲学があればいいので。
      「私(アートマン)については「に非ず、に非ず」としか言えない。それはと...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001688537","price":"1012"}]

    セーフモード