【最新刊】鬼速PDCA

鬼速PDCA

1冊

冨田和成

1,465円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    PLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(検証)、ACTION(調整)の4ステップからなるPDCAサイクルは、ビジネスパーソンであれば誰もが知る古典的なフレームワークだ。しかし、PDCAほどわかっているつもりでわかっていない、そして基本だと言われているのに実践している人が少ないフレームワークも珍しい。PDCAを極め、「鬼速」で回せるようになると、仕事に一切の迷いや不安がなくなる。そして、常にモチベーションを保ったまま、天井知らずに成果をあげられるのだ。★「鬼速PDCA」とは?「鬼速PDCA」とは、PDCAを、高速を超える「鬼速(おにそく)」で回すことを指す。このPDCAモデルは我流ではあるが、10年以上の実践を通して磨かれてきたものだ。野村證券時代に支店での営業やプライベートバンカーとして数々の最年少記録を残せたのも、独立後わずか2年で月間1000万PVを超えるWebサービスを作れたのも、すべて鬼速PDCAを実践してきたおかげである。★「鬼速PDCA」のしくみ- 目標へのロードマップの全貌をロジカルに導く「因数分解」- キャパオーバーを防ぐ「工数棚卸しシート」- 仕事の先送りがなくなる「半週ミーティング」- 仕事のモレ・ムダがなくなる「鬼速進捗管理シート」- 日々の気づきを行動に変える「なるほどシート」- 自分を成長させる習慣を定着させる「ルーチンチェックシート」

    続きを読む

    レビュー

    4
    71
    5
    23
    4
    29
    3
    18
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      目的のない仕事は惰性だ。
      目的を作り、達成するためにはどんな課題があるか考え、浮かび上がった課題を分解していって、実行可能レベルまで敷居を下げることで、人は動きやすくなる。だた、振り返って、行動が正し...

      続きを読む
    • 2019/08/09Posted by ブクログ

      本書は、PDCAに関する本です

      PDCAに関する本はたくさん出ていますが他と比較して、この本の特徴と思うのは、
      ・PとDできちんとゴール等を定量化すること
      ・PとDで実行することを3つに絞ること
      ...

      続きを読む
    • 2019/07/30Posted by ブクログ

      この本の発売当初は、
      自分も証券会社に勤めていて、
      プライベートな時間に仕事のことを考えたくない時期で、
      ずっと読んでいなかった。

      今回きっかけがあってこの本を読んで、
      自覚はなかったけど、
      自分も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード