【最新刊】ひきこもる女性たち

ひきこもる女性たち
1冊

著:池上正樹

717円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ひきこもるのは男だけじゃない。社会に消された、ひきこもる女性たちのリアル。日本の大問題として根付き、一向に解決の糸口が見えない「ひきこもり」問題。2010年に内閣府が発表した「ひきこもり実態調査」では、その調査における「ひきこもり」の定義に該当する約70万人のうち男性と女性の比率が 7:3だったということから、男性が圧倒的な数に上る。けれども、その裏で 肩身の狭い思いをし、声を上げたくても上げることのできない女性たちが数多くいることを知っているだろうか。その中には、そもそも社会から「ひきこもり」 と認知されていない人々もいるのだ。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/28

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/06/29Posted by ブクログ

      あっさ~い。。。掘り下げが全然足りない。新書ってこんなもんだっけ?と思いながら読んだ。
      あと「家の家事」「筆者の拙著」などは書き手として恥ずかしいのでは。

    • 2017/03/23Posted by ブクログ

      自分自身がひきこもり女性という当事者でもあるので大変興味深く読ませていただきました。
      なかなか表にはでてこないけれども、意外と女性ひきこもりはいるのだなぁという安心感と安心できるサポートがいないという...

      続きを読む
    • 2016/12/31Posted by ブクログ

      特に思うことはなく…読み終えたのでした。

      ヽ(・ω・)/ズコー

      まあ、こう言っちゃアレですけれども、悩んでもどうしようもないことで悩んでいるなと…社会に出たいなら引きこもっている時間が無駄ですよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード