ボブ・ディラン自伝

ボブ・ディラン/菅野ヘッケル

1,944円(税込)
ポイント 19pt

購入へ進む

カゴに追加

選考委員らは彼の自伝「Chronicles(邦題:ボブ・ディラン自伝)」のみならず社会状況や宗教、政治、そして愛をとりあげた彼の音楽を評価したという。伝説のシンガー、ボブ・ディランの半生が、今、自らの手によって明かされる!全米で売上げ50万部を突破したこの自叙伝は、これまで謎に包まれていた彼の私生活やその折々の彼の心情が赤裸々に吐露されている。「本書の真の文学的偉業は、ディランが青年時代の彼自身に贈った、うっとりするほど魅惑的な声である」-- ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビュー「名人級のエッセイスト、世間が注目せずにいられない文化評論家、そして、もちろん、空中曲芸師のふりをする詩人の手による傑作」-- ワシントン・ポスト「ロックンロールの世界において、本書はいわばシェイクスピアの日記の発見のようなものである。20世紀の偉人によって書かれた自伝の中で、本書ほど本人の内面に迫っているものはない。」-- デイリーテレグラフ(ロンドン)伝説のフォークシンガー、ボブ・ディランの自叙伝。60年代の初めにニューヨークに出てきてコロンビアと契約するところから話は始まり、ディランの生い立ち、グリニッジ・ビレッジでのカフェホワッ?の舞台裏、バイク事故とウッドストックの隠遁生活、「新しい夜明け」や80年代の最高傑作「オーマーシー」ができるまでの過程とレコーディング風景、恋人スーズとの出会いなど、彼の目で見たものが彼の言葉で書かれている。彼の音楽人生に大きく影響を与えた数多くのミュージシャンにも言及。また、これまで謎に包まれていた彼の私生活やその折々の彼の心情、あるいは当時の社会情勢に対する彼の思いも細かく描写されている。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード