【最新刊】チロルくんのりんごの木

チロルくんのりんごの木

荒井良二(著)

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    誕生と成長、四季の風景、幼なじみとの恋、続く未来……。日々の営みやうつろいと、生まれ育った土地のかけがえのなさを荒井良二が描いた、“家族の木”・りんごの木にまつわる愛おしく感動に満ちた物語。NHKアニメ『チロルくんのりんごの木』(2016年3月放送)の原作絵本。[あらすじ]高い山々に囲まれたとある村。ここでは、家族が増えるたびにりんごの木を植え、「家族の木」としてともに暮らしています。この村に暮らす男の子・チロルくんにとって、ここは世界でいちばん好きなところ。村での生活も、自然の景色も、家族や動物たちも、幼なじみの女の子・エーデルちゃんのことも、みんな大好き。花が咲いて、雪が降りつもり、牛を育て、宿題をして、収穫や家族の成長を歌をうたってお祝いする。そんな毎日がなによりもほこらしい。大きな、大きな世界の中で、ここがいちばん輝いているのです。そこにはいつもりんごの木があって、見守っている。チロルくんの恋の思い出や未来の家族との生活を。これまでも、これからも、りんごの木がそばにいます。チロルくんのいちばん好きなところ。りんごの木があるところ。家族の木があるところ。

    続きを読む
    ページ数
    41ページ
    提供開始日
    2016/10/22
    出版社
    NHK出版
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • チロルくんのりん...
      2021/01/31
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • チロルくんのりん...
      2018/01/13

      ちっちゃな愛

      季節は綺麗だし、世界は大きくて広いけど
      わたしもわたしが生まれたここが一番輝いてるって思うよ

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード