人生はいつもちぐはぐ

著者:鷲田清一

739円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 369(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

昔のおとなが背中で伝えた、生きるうえで大切なこと。未来の同業者にみっともない仕事はできないという、職人の矜持。般若心経を丸ごと暗記した五歳児のまなざしの先にあるもの。大きな災害を前に口ごもるしかない、私たちの気持ち――。生きることの機微をめぐる思考が、日々の出会いやエピソード、遠い日の記憶から立ち上がる。まなび、痛み、しあわせ、自由、弱さなど、身近なことばを起点に広がってゆく哲学エッセイ。【目次】まえがき ―― 「これで死ねる」と言えるとき1.伝えること/応えること2.おとなの背中3.人生はいつもちぐはぐ4.ぐずぐずする権利5.言葉についておもうこと6.贈りあうこと7.東日本大震災後 2011-12※本書は、小社より二〇一三年九月に刊行された単行本『おとなの背中』を改題し文庫化したものが底本です。

続きを読む

セーフモード