トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

梶山三郎

1,540円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    創業家VS.左遷サラリーマン! 日本の救世主は、ハズレ社員だった。気鋭の経済記者が覆面作家となって挑む日本最大のタブー「27兆円企業」に迫る! 「失われた20年を、高度成長期並みに駆け、世界一となったあのトヨトミ自動車が潰れるときは、日本が終わるとき。日本経済最後の砦・巨大自動車企業の真実を伝えたいから、私は、ノンフィクションではなく、小説を書きました」(梶山三郎)

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/07/04Posted by ブクログ

      愛知県豊臣市に本社を置く、世界ナンバーワンの自動車メーカー「トヨトミ自動車」。歴代の社長は創業家の豊臣家出身、または豊臣家の信頼を得た者のみ。言うまでもなく、そのモデルは日本の誇るグルーバル企業「トヨ...

      続きを読む
    • 2020/01/04Posted by ブクログ

      トヨトミ自動車っていう架空の自動車会社を、概ね現実に即して描いた小説。

      トヨタの奥田社長っぽい人が主人公的な感じで、1990年代から2000年代にかけて、奥田社長がどのようにトヨタを危機から脱却させ...

      続きを読む
    • 2016/12/17Posted by ブクログ

      凄い!!の一言。
      目次だけで簡単にト〇タのことだと分かるが、初っ端のエピソードも本当らしいし、とにかく実話であることに驚きながらページをめくる。表面しか見えていなかった大企業の裏の裏。それを牛耳る人た...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001686632","price":"1540"}]

    セーフモード