【最新刊】史上最強の哲学入門

史上最強の哲学入門

飲茶

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    最高の真理を求めた男たちの熱き闘い!ソクラテス・デカルト・ニーチェ・サルトル……さらなる高みを目指し、知を闘わせてきた三十一人の哲学者たちの論が激突。まさに「史上最強」の哲学入門書!

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/15
    連載誌/レーベル
    河出文庫

    レビュー

    4.5
    53
    5
    34
    4
    13
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/30Posted by ブクログ

      2019年の年明けに齋藤孝氏の「使う哲学」を読み、より西洋哲学について学びたくなったのだが、哲学の専門書は敷居が高いので分かりやすいガイド的な書籍を探していたときに目に留まったため、コンパクトな文庫版...

      続きを読む
    • 2018/07/26Posted by ブクログ

      史上最強の哲学入門
      飲茶
      2018年7月26日読了

      アリストテレス、ニーチェ、ハイデガー…「神は死んだ」「存在論」などなど一度は聞いたことがある名前や言葉たち。
      それってナニ?その人は何を提唱し...

      続きを読む
    • 2019/08/29Posted by ブクログ

      プロタゴロス→相対主義、みんなそれぞれ
      ソクラテス→無知の知→真理の探究のため
      デカルト→割れ思うゆえに我あり→疑いすぎるが故
      ヒューム→経験論、経験によるものしか疑えない
      カント→人間に共通して先天...

      続きを読む
    開く

    セーフモード