風よ、万里を翔けよ 2巻

漫画:もとむらえり 原作:田中芳樹

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

西暦612年、高句麗遠征は終了し、木蘭たちは東都・洛陽へ向かう。そのさなか、沈光から語られる大隋帝国秘史。楊広はいかにして煬帝となったのか。そして帝国に迫る大乱の時代……!!

続きを読む
  • 風よ、万里を翔けよ 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    風よ、万里を翔けよ 全 4 巻

    1,760円(税込)
    17pt獲得

レビュー

レビューコメント
  • 隋の帝・煬帝ってどんな人物?がよく分かる2巻(あれ)作者さんも苦労しただろうな……皇子時代の煬帝は予定通りのイケメン(笑)でも歳を重ねるとどんどん悪役オーラが濃くなる。戦闘場面やどす黒い部分も逃げずに...

    続きを読む
  • 隋の煬帝が即位するまでがしっかり描かれた2巻。どう見ても悪役メイクな皇帝陛下強烈です。二度目の遠征を命じられた主人公たちだが、味方の裏切りにより兵たちの糧食は尽きていき…。男勝りで明るい木蘭が世の中を...

    続きを読む
  • やむを得ず仲間に嘘をつく辛さ。妓楼の場面が原作からかなり膨らませてあって、より印象深くなっていた。この一夜を境に木蘭の顔も大人っぽく変化。複雑な感情を抱えつつ、とにかく男として生きていこうという決意が...

    続きを読む
  • 煬帝って聞いたことあると思ったら小野妹子が謁見した人だよな。しかし、中国の皇帝って苛烈な人が多いな。皇帝以外もだけど。人が多いから色んな人がいるんだろうな。

  • この時代を舞台にした作品は大好きなので、其れなりに読んでいると思う。マンガにすると、やっぱり面白い。原作を読んでいるけど、次の巻を早く読みたい

セーフモード