【最新刊】続・反社会学講座

反社会学講座

パオロ・マッツァリーノ

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不埓で、不届き、不謹慎。業界を震撼させた「反社会学」がさらにパワーアップして帰ってきた。GDPの増減なんてただのお祭り騒ぎだし、賞はあげる側の名誉になる。昔の日本人はこどもが嫌いだったし、新渡戸稲造は武士道ブームを苦々しく思っていた? 役立たずの正しさと屁理屈にこだわる学者たちを笑い飛ばし、庶民に愛と勇気を与えてくれる知的エンターテインメント、待望の続編。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/14
    連載誌/レーベル
    ちくま文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸
    • 反社会学講座 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      反社会学講座 全 2 巻

      1,485円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • 2008/04/27Posted by ブクログ

      定説化しているような社会学の理論に対し、皮肉とユーモアを織り交ぜて反論し、独自の意見を提唱している。統計資料の読み取りが抜け目ない。また、ただユーモアを追いかけて突拍子ないように思われる筆者の意見も、...

      続きを読む
    • 2014/05/26Posted by ブクログ

      自分自身も大学で社会学に手を染めたクチなので、非常に面白く読めた。

      大学の時分に本書を読んでいれば、もうちょっとましな研究ができたかもしれない。

      本書にあるように、結論ありきでデータを集め、捏造と...

      続きを読む
    • 2010/05/08Posted by ブクログ

      『社会学者の一般的な研究方法』

      どっかから,気に食わなかったり痛めつけてやりたい相手を
      見つける。
      その理由を考え,仮説(=結論)を立てる。
      推論に合うようにデータをうまく切り貼りする。ない場合は海...

      続きを読む
    開く

    セーフモード