【最新刊】西南シルクロードは密林に消える

西南シルクロードは密林に消える

高野秀行

1,001円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中国四川省の成都を出発し、ビルマ北部を通って、最後にはインドへ――幻の西南シルクロードに挑む著者の前には、圧倒的なジャングルと反政府少数民族ゲリラの支配する世界屈指の秘境がたちふさがっていた。混迷と困難を極める旅なのに、これほど笑えるのはなぜか。究極のエンタメ・ノンフィクションついに登場。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/10/14
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2016/08/06Posted by ブクログ

      久しぶりにドキドキワククしながらページをめくる手が止まらなくなった!というか、高野秀行氏の作品は基本的に目を通してきたはずだったのだが、この作品はするりと抜け落ちていて、存在自体最近知ったのだ。なんで...

      続きを読む
    • 2012/06/19Posted by ブクログ

      あとがきを含めて非常に内容の濃い作品です。著者の行動力、運の良さ+悪さに驚くばかりです。

      以前、村上春樹さんの『遠い太鼓』を読んだが、本書はタイプの異なる旅行記だと感じた。前者を静の旅行記とするなら...

      続きを読む
    • 2013/08/06Posted by ブクログ

      私は他人に比べて好奇心旺盛なほうである。野次馬根性もかなりある。
      それでも、この作者高野秀行には到底敵わないな、と思う。
      思い立ったら即行動。
      後先考えずに飛行機に飛び乗る。
      さすが早稲田の探検部など...

      続きを読む
    開く

    セーフモード