琥珀のRiddle(4)博物学者と時の石

著:篠原美季 イラスト:石据カチル

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 330(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

パブリック・スクール時代の友人トットナムウッドによって、リドルのもとへ持ち込まれた羊皮紙の切れ端。同じくその頃からの友人であるマコーリに妖精文字の解読を頼んだリドルだったが、そこに書かれていた語句である『テラメトン』という言葉を耳にした途端、昏睡してしまった。メルヴィ(大魔法使いマーリン)とウーリー卿(大天使ウリエル)は、無用のトラブルを巻き起こしそうなバーナードを遠ざけつつ、リドルの護りをいっそう固めるが……? ヴィクトリアン・オカルト・ファンタジー第4巻!!

続きを読む
  • 琥珀のRiddle 全 5 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    琥珀のRiddle 全 5 冊

    3,300円(税込)
    33pt獲得
新刊を予約購入する

レビュー

レビューコメント
  • リドルの学生時代の友人たちが巻き起こす騒動が面白かったです。リドルは相変わらず受け身な人生を送ってますが、その分ウーリーとメルヴィが活躍するのでオッケーです(笑)。リドル達の学生時代の短編も彼ららしく...

    続きを読む
  • ネタバレ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • シリーズ4作目 安定の疫病神ッぷりを発揮するバーニーと天然なのかただのバカなのかわからないリドル。主人公はリドルだが、ここまで影の薄い主役も珍しいかと。

  • 少しだけリディの秘密がわかるけど、そんな少しじゃ全くわからない。でも、次で最終回らしい。意味深なディアボロさんの暗躍もあまりなかっただけに次巻はどれだけ内容が詰まっているのか……。

  • リドルは本当に主人公なんかいって突っ込みたくなるような話。本編中、ほとんど寝ているという・・・。今回の表紙はウーリーことウリエル様。そしてオチは、ほぼ見えました。

セーフモード