純潔の未亡人

ケイトリン・クルーズ 翻訳:小泉まや

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    8歳年下の継母――彼に蔑まれても、屈辱さえ甘いのはなぜ? 金めあての強欲女――初めて会ったときからキャスリンは、イタリア人実業家ルカ・カステリからそう思われてきた。この2年間、彼女はルカに嫌われる一方だった。キャスリンが年老いた大富豪の夫を埋葬した日でさえも、義理の息子であるルカは彼女を軽蔑し、嘲るのをやめなかった。「次の標的は僕だろうが、そうはいかない」と言って。キャスリンが否定すると、ルカは突然彼女を抱きしめる。唇を奪われた瞬間、キャスリンは思った。この人がファーストキスの相手になるなんて、と。 ■ハーレクイン・ロマンスの中心的存在であるケイトリン・クルーズ。R-3176『幻を愛した大富豪』の関連作をお届けします。義理の息子との禁断の恋。でもそれは、ヒロインにとっては初めての本当の恋でした。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード