P+D BOOKS 快楽 上・下巻 合本版

武田泰淳

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    待望の上・下巻合本版!!若き仏教僧の懊悩を描いた筆者の自伝的巨編。恥ずかしがりのくせに強がりな十九歳の仏教僧・柳。大東亜戦争へと向かう昭和10年頃の騒然とした時代を背景に、性と政治と宗教という相容れないテーマに心と身体を悩ます若き仏教僧の悲喜こもごもを描いた長編小説。寺の子として生まれ育った武田泰淳の自伝的な大作であり、筆者の病気により未完にも拘わらず第5回日本文学大賞を受賞した“第一次戦後派作家の巨人”の代表作の一つでもある。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード